北京オリンピックへの長く険しい道のりについて その2

世界の強豪チームと対戦してもなかなか勝ち点が取れず、自信を失った男子バレーの選手たちの「やる気」を再び引き出すことは、並大抵のことではありません。
試合前から「どうせ俺たちは」と弱気になって、自分たちで力を決めてしまう気持ちもあったのではないでしょうか。
北京オリンピックの枠を獲得させるために、その自信のなさを、どのように取り戻すことができるのか、難しい仕事だったと思います。


皆さんの記憶にも残っていると思われますが、少し前までプロ野球の阪神タイガースは、優勝なんて程遠いチームでしたよね?
それが野村監督がチーム力を底上げしたこともありますが、星野監督に変わってから驚くほど強くなりました。


元々の資質は、プロ野球選手ですからみんなあります。なのに、なぜ弱かったのか。そしてなぜ強くなったのか。
それはやはり選手に自信をつける、ということだったと、星野監督は話していました。


「俺たちは強い!勝てるんだ!」こう思わせていくことで、チームは驚くほど強くなりました。
もちろん、それは選手とのコミュニケーションや、監督とコーチの強力なタッグがあってのことです。
全てのバランスが噛みあって、強力な選手補強をしなくても、阪神タイガースは強くなることができたのです。


まず日本男子バレーの植田監督は、徹底的に選手を鍛えあげたそうです。
身体面では、選手がけいれんを起こすほどの過酷な練習を行いました。
そして、メンタルの面では、甘えを許しませんでした。


負けても笑顔の選手や、全日本という看板を背負うにふさわしくない選手は、起用をやめました。
あのパナソニックの山本選手でさえ、しばらく全日本には呼ばなかったほどです。


そのような指導方針は、徐々に実を結び始めました。
1年目はアジア選手権優勝。2年目は世界選手権ベスト8という、目標はクリアできました。


そしてワールドカップを経て、4年目の今年、ついに北京オリンピックへの切符を、男子バレーは16年ぶりにつかんだのでした。