北京オリンピックへの長く険しい道のりについて その1

日本男子バレーは、なんと16年間もオリンピックに出場できていません。


1992年のバルセロナ以来、出場権が獲得できなかったのです。
それは暗黒の時代でした。


今回の日本代表チームを率いる植田監督がまだ選手時代、主将をつとめて出場したオリンピックが、バルセロナだったのです。
そしてその時にも、荻野選手はチームの中にいました。
それ以来、北京オリンピックまで16年間。本当に苦しい時代だったと思われます。


女子のバレーは、「つなぐ」よりもパワー重視になっていますが、それでもまだ男子よりは「つなぐ」バレーが目指せます。
しかし男子バレーは、圧倒的なパワーの時代になってきました。


日本をはじめとしたアジアのチームは、ヨーロッパ勢と比較すると、背の高さや体格的に不利なところが多く、また力の強さはありません。
そして、ヨーロッパ勢の、手の長さやバネを使ったパワーバレーに、圧倒されてきました。
日本チームは、それになかなか対応できなかったのではないでしょうか。


2004年に監督に就任した植田監督は、男子バレーのこの状況を危機的に捉えていたに違いありません。
自分たちで、オリンピック出場を終わらせてはならない。


日本チームに外国人監督を呼ぶことも考えられていたその時に、植田監督は自ら立候補されたそうです。
植田監督は「負の連鎖を断ち切りたい」と、そんな思いだったのではないのでしょうか。


惨敗したアテネオリンピック最終予選後の、日本男子バレーの建て直しを、誰もがやりたいと思う仕事ではありませんよね。
それでも植田監督は、なんとしてでも男子バレーを北京オリンピックへ行かせたい、その思いだけで選手を引っ張ってきたのではないでしょうか。

-----